お知らせ

プレス

フォークリフトの「安全運転・稼動監視」クラウドサービス「FORKERS」リリース

2017年1月16日
報道関係者各位
ニュースリリース

三井物産エレクトロニクス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:小野塚洋)は、コネクテッド・カーEXPO (2017年1月18~20日)に於いて、IoT技術でフォークリフトの
安全と稼動監視を提供するクラウドサービス「FORKERS」を発表致します。

【サービスの概要】

1.提供するサービスと期待される導入効果

  • 危険運転時の運転者への警告 (安全指導、事故の未然防止)
  • 危険運転時の記録、カメラ撮影した動画のクラウドへの配信 (安全管理、安全指導)
  • 稼動記録、日報、週報、月報のクラウドへの配信 (作業者の業務管理)
  • 車両グループの稼働状況の把握(車両の適正配置)
  • 車両の保守部品管理 (車両の故障によるダウンタイムの軽減)

2.主な構成品と特徴

  • カメラ(標準構成2台で車両の前後の撮影を想定、オプションで3台目追加可能)
     危険運転時映像をクラウドへ送信する事で、管理者が危険運転の状況を確認する事ができます。※急発進、急停止、急旋回、衝撃
  • 車載機(米国CalAmp社製)
     GPS、G-Sensor搭載の防水防塵端末であり、RFIDで認識したオペレーター毎の運転情報や危険運転時の情報をクラウドへ送信します。
  • ブザー
     RFIDによるオペレーター認証を行わずに運転した場合や、危険運転発生時に音でオペレーターに注意を促します。
  • クラウド管理システム
     管理者はウェブブラウザを通じて必要な情報や映像を確認することができます。

「FORKERS」は、2017年3月より一部のお客さまへの試験販売を開始、2年間で10,000台の普及を目指しております。

尚、今回コネクテッド・カーEXPOの弊社ブースは、株式会社フレクト(本社:東京都中央区)、ATrack Technology Inc.(台湾)との共同出展となっており、「FORKERS」のデモンストレーションに加え、株式会社フレクトの車両監視サービス「Cariot」のデモンストレーションやATrack社のGPSトラッカー等のテレマティクス向けハードウェアを展示しております。

コネクティッド・カーEXPOの弊社ブースにて皆さまのお立ち寄りを心よりお待ちしております。
▼テレマティクスサービスや、それを支えるあらゆるソリューションが一堂に会する”コネクテッド・カーEXPO“の詳細は以下URLをご覧ください。
http://www.connected-car.jp/Home/

【本件に関する問い合わせ先】

三井物産エレクトロニクス株式会社
ソリューション事業本部 システム第1部
Tel:03-6403-5804
Email:info-sol@mbel.co.jp