TOPに戻る

トラック・バスを事故なく活用し、生産性をUpさせたい!

Cariot for デジドラとは、IoT技術により
トラック・バスの安全と自動管理を提供するサービスです。

デジタコ法定帳票出力|日報・月報自動出力|ドラレコ事故・危険運転|リアルタイム位置把握|ドライバー車両管理|到着時刻の通知
フォークリフト用安全・車両管理ソリューション”FORKERS”はこちら

Cariot for デジドラの導入効果

case1

事故につながる恐れのある危険運転を減らしたい。

case6

Cariot for デジドラなら…急加速・急減速などの危険運転を検知し自動送信。

ネットワーク型なので、ドラレコのSDカードを抜き取ってPCで読み取る必要なく、クラウド上で動画を確認できます。危険運転の多い運転者に安全運転指導を行い、事故を減少させる効果があります。


地図上に危険運転をした箇所が示され、クリックすると動画が再生されます。
case2

毎日手書きで車両利用報告書を作成するのは面倒!

case6

Cariot for デジドラなら…自動的に走行データが記録されます。

毎日の走行データをクラウド上で確認することができます。 手書きで日報・月報を作成する必要はありません。 必要に応じ、エクセルシートへ出力もできます。

case3

ルート配送で、設定エリア内目的地までの
到着時刻、入退出時刻を把握したい!

case6

Cariot for デジドラなら…標準で到着予測機能がついてます。

Google Map上でジオフェンス機能を使って目的エリアを任意に設定し、目的エリアまでの到着時刻を予測したり、入退出時刻を把握することができるので、より効率的な配送が可能です。また、荷受人へ到着予測時刻をメール通知することも可能です。

case4

車両ごとの車検日、自動車保険満了日を
忘れないよう一元管理しておきたい!

case6

Cariot for デジドラなら…車両情報を記録して一元管理できます。

車両ごとの車検有効期間や自動車保険有効期間を記録し一元管理できます。失効日の3ヶ月前など任意に設定してアラート表示させることもできます。

case5

デジタコ、ドラレコを一緒に導入したい!

case6

Cariot for デジドラなら…デジタコ機能とドラレコ機能、両方付いてます!

拡張性の高いシステムなので、今後も荷物の状態監視、居眠検知機能、酒気帯運転防止機能、複数カメラ対応等、新しい機能の追加を予定しております。

case6

デジタコ帳票の出力をもっと簡単な仕組みで。

case6

Cariot for デジドラなら…ネットワーク型だからデジタコ帳票が自動的にクラウドに配信されます。

ネットワーク型なのでSDカードを抜き取ることなく、デジタコ帳票を簡単に出力できます。しかも高価な出力専用ソフトウェアも必要ありません。

詳細はお問合せ下さい。