FORKERS ソリューション

FORKERS  EYE バリアFORKERS EYE イーグル

フォークリフトによる
荷役作業を“見える化”し、
物流現場に安全を提供します。

FORKERSとは

IoT技術によりフォークリフトの安全と
稼働状況の遠隔監視を提供するサービスです。

ソリューション概要

ソリューション概要

導入効果

フォークリフトの管理は人が手で行っており、IT化できていない。

FORKERSなら…IoTでデータを自動的にレポート。

危険運転を含む走行データや保守部品の交換時期を全てクラウド上で確認できます。

case1

物損事故が多くて、物流業務の品質を保てない。

FORKERSなら…安全運転を徹底させることが出来ます。

危険運転の回数、種別の表示や、危険運転時の映像の確認により安全運転の指導が可能です。

case2

保守部品、修理等の期日管理をしたい。

FORKERSなら…期日管理や履歴が一目瞭然で表示できます。

点検期日が近付くとアラートが表示され、管理者にメールでお報せします。
また、過去の点検日や保守部品の修理・交換履歴を記録し、車両毎に管理することが可能です。

case3

メーカー、型式を問わず、同じシステムで管理したい。

FORKERSなら…現在所有している全てのフォークリフトにアフターで取り付け可能です。

カウンター、リーチ問わず、複数メーカーのフォークリフトを保有しているお客様の声にお応えしました。

ドラレコのSDカードを毎回抜き差しするのが面倒。

FORKERSなら…そのような手間は不要。

ネットワーク型なので、ドラレコのSDカードを抜き取ってPCで読み取る事なく、クラウド上で動画を確認できます。

case5

フォークリフト運転者の作業時間や車両の稼働時間が全く分からない。

FORKERSなら…フォークリフト運転者の労務管理ができる!

日報や車両の稼働時間から、フォークリフト運転者の勤務実態が正確に把握できます。
無駄な車両、反対に忙しい車両も一目で分かります。

case6

FORKERS LTEモデル 新機能

FORKERS LTEモデル
動画呼び出し機能
フォークリフトの走行データーの中から、管理者がクラウド経由で任意の時間(1分間)の動画を呼び出すことが出来ます。
動画アップロード機能
オペレーターがこの赤いボタンを押すと、前後10秒の動画がFORKERSクラウドに配信されます。

● FORKERS LTEモデル( LTE or 無線LAN )

端末構成
● FORKERS車載器本体(小型・1BOX化)
● LTE/無線LAN/GPS アンテナ
● カメラ×2台
● RFIDリーダー
● 動画アップロードボタン
端末構成
FORKERS本体費用
(初期費用)
128,000円(税抜)+設置費用
クラウドサービス費用
(月額費用)
クラウドサービス:月額3,500円(税抜)/台※LTE通信費含む
管理者ライセンス:月額2,000円(税抜)/ID

FORKERS monoモデル


FORKERS monoモデルFORKERSカメラなしモデル発売中!

運転成績表(日報)
運転成績表(日報)
稼働率レポート
稼働率レポート

● FORKERS monoモデル

FORKERS本体費用
(初期費用)
55,000円(税抜)+設置費用
サービス費用
(月額費用)
クラウドサービス:月額3,500円(税抜)/台※通信費含む
管理者ライセンス:月額2,000円(税抜)/ID

導入までの流れ

  • 導入コスト、納期は別途お打合せさせて頂きます。
  • FORKERS 機器一式の設置は、販売代理店もしくは設置専門業者により行います。設置専門業者に就いては、販売店よりご紹介いたします。

フロー

お問い合わせはこちら 利用約款はこちらからご覧ください。