製品情報 | 材料・レーザー関連

高出力ファイバーレーザー FOシリーズ

高出力ファイバーレーザーFOシリーズ

  • FOシリーズは高品質・高出力ファイバーレーザー発振器です。
  • 1KWから8KWの製品バリエーション。
  • FOシリーズは他のファイバーレーザーの追随を許さない次の4大特徴を有します。
    (1) 反射光に強いシングルアンプオシレーター構造
    (2) 出力制御の範囲:1%~100%
    (3) ±1% 以下の出力安定性
    (4) 多彩なモード選択(シングルモード マルチモード リングモード)
  • 当社は発振器単体の販売に加えて、お客様のレーザーシステム製品構築をサポートします。

用途

反射に強いシングルアンプオシレーター構造

戻り光によるトラブルを低減させることが可能です。

一般的なファイバーレーザー構造

一般的なファイバーレーザー構造 発振器で生成したレーザーを増幅させて照射。反射光が戻った場合、発振器の性能を上回るため、損傷等のトラブルが発生しやすい。

シングルアンプオプシレーター構造

シングルアンプオプシレーター構造 発振器単体で高い出力のレーザーを生成。反射光が戻っても、影響は少ない。
加工例「銅 突合せ溶接」

加工例「銅 突合せ溶接」

出力制御の範囲

幅広い条件の設定が可能。1台の発振器で多用な加工用途に対応できます。

最大出力4.0kW 機にて測定

出力安定性

リアルタイムパワーモニターによる微細な出力制御を実現

リアルタイムパワーモニターによる微細な出力制御を実現

連続稼働時出力測定試験(65時間)

連続稼働時出力測定試験(65時間)

多彩なモード選択

シングルモード
高出力ファイバーレーザーFOシリーズ シングルモード
マルチモード
高出力ファイバーレーザーFOシリーズ マルチモード
リングモード
高出力ファイバーレーザーFOシリーズ リングモード

製品仕様

レーザータイプ シングルモード マルチモード リングモード
モデル名 FO-1000 ~ 2000-S:SM FO-2000 ~ 8000-S:MM FO-8000-S:ARM
最大出力 1000W、1500W、2000W 2000W ~ 8000W C:4000W、R:4000W
出力調整範囲 1 ~ 100%
中心波長 1070±5nm
BPP (mm × mrad) <0.4 <2.4 / <4、<4 -
ファイバーコア直径 20μm 50μm / 100μm C:70μm、R:180μm
コネクター QBH QBH /QD QBH /QD
伝送ケーブル長 <10m 20m 20m
冷却水量(ℓ/分) 42 42 ~ 130 130
冷却水温 25±1℃
インターフェイス デジタルI/O、アナログコントロール、イーサネット
幅(mm) 800
奥(mm) 903
高(mm) 585 585~1328 1328
重量 <150kg 150kg ~ 430kg <430kg
光学系 Optoskand